HOME > ご挨拶・理念
ご挨拶・理念
ご挨拶・理念
理事長よりご挨拶

昭和42年 岐阜大学医学部第一外科大学院在学中に腎移植のチームに入り人工透析治療を学び、高知の腎不全で苦しんでいる患者様のお役に立ちたいと、昭和48年3月に高知市に島津外科胃腸科、人工透析センターを開業しました。
島津病院を開業後約5年が経過した頃、我がふるさとである幡多地域に対して特別な想いが増すと共に、当時 旧中村地域、土佐清水地域、宿毛地域を中心とした幡多全域の腎不全の患者様から強い要望の声もあり、昭和53年6月に四万十市(旧中村市)に人工透析治療を中心に幡多病院を開業いたしました。
優秀なスタッフを集め、高度な知識と豊富な経験を生かし質の高い治療を提供するのは当然の事であり、少子高齢化が深刻化している地域医療において、当院としては「人に対して思いやり」のある医療・福祉を心掛けています。

理事長 島津 栄一

院長よりご挨拶

みなさま初めまして酉家賢一と申します。私は2006年に川崎医科大学を卒業し、その後 高知大学医学部附属病院、細木病院、島津病院などで医師として医療経験をつみ、2014年3月より幡多病院の院長に就任いたしました。
専門は透析・腎臓内科であり、浅学菲才の身ではありますが、出来るだけ幅広いニーズに対応したいと考えております。
私の出身は大阪府ですが、少しでも早く幡多地域のみなさまに溶け込み、地域医療を通じて健康福祉の向上を目指したいと思います。
これからも幡多病院を宜しくお願いすると共にお気軽に相談くださいますようお願い申し上げます。

院長 酉家 賢一

医療理念
病む人への思いやりをもって、安全で安心のできる高度で適切な医療を提供いたします。
医療方針

1)病む人への思いやりを持って、生きることへ共感できる医療を行います。
2)当院の専門部門(人工透析)においては、医療、看護レベルの向上に努め、先進的なサービスを
  
提供いたします。
3)患者様第一に考え、その立場を尊重し、更に地域の信頼が得られるよう努力いたします。
4)医療に携わる者として、互いの連携を密にします。
5)高邁な理想をもち自己研鑽をいたします。

行動指針

1)地域に信頼される病院として日夜努力を重ねます。
2)より良い医療を目指し、常に研鑽をいたします。
3)医師により説明と、患者様の同意に基づく医療を実践します。
4)患者様の人生が安らぎのある満ち足りたものであるように願い、その意思を尊重します。
5)いつでも、どこでも親切を尽くして行動します。

  • お知らせ
  • 診療科目
部門紹介
看護部
ナースステーション
リハビリ室
検査室
通所介護
訪問介護
居宅介護支援
栄養給食課
事務
透 析
透析療法とは
透析室概要
診療時間
透析液水質管理について
臨時透析(旅行透析)について
ページの先頭へ戻る